研究テーマ

病態制御

1)トリプトファン代謝変容と疾患

必須アミノ酸の一つであるトリプトファンからはキヌレニンをはじめとする代謝産物が合成されます(キヌレニン経路)。キヌレニン経路中の物質は免疫寛容を引き起こしたり、各種受容体のアゴニストあるいはアンタゴニストとして働くなど、免疫疾患や精神疾患の病態に関連しています。

research1

トリプトファン代謝の変容と精神疾患に関する研究

々は、インターフェロン治療に伴い、抑うつを発症した群ではトリプトファン代謝が活性化していることを明らかにしています。(協力:岐阜市民病院) また、動物モデルを用いて、インターフェロンによる抑うつモデルの作成に成功し、さらにはトリプトファン酵素を阻害することにより、抑うつの発症が抑えられることを明らかにしました。

research2

Indoleamine 2,3-dioxygenase1の生理的役割に関する研究

Indoleamine 2,3-dioxygenase1(IDO1)は、必須アミノ酸であるトリプトファン(Trp) 分解代謝系の律速酵素で、IDO1の過剰発現による免疫寛容(Muller AJ et al. Nat Med. 2005 11:312-319.)と腫瘍の増殖、さらに最近ではIDO1によるT細胞やNK細胞の機能制御が報告され、IDO1が新規免疫制御因子として注目されています。また、IDO1阻害剤はがんに対する新規治療薬として期待されています。
われわれは、IDO1の酵素活性を阻害する物質がないかを各種植物抽出液やフィトケミカルを用いて評価したところ、ミョウガに含まれるガラナールという物質がIDO1の酵素活性を阻害することを明らかにしました。

research3

Indoleamine 2,3-dioxygenase 2の生理的役割に関する研究

Indoleamine 2,3-dioxygenase 2(IDO2) は、IDO1のアイソフォームとして新たに同定されたトリプトファンをキヌレニンに代謝する酵素です。IDO1に比べトリプトファン代謝能は低いことが知られていますが、生体内での生理学的役割については不明な点が多い酵素です。我々の研究室は、培養細胞およびノックアウトマウスを用いた解析によりIDO2の生理的機能を明らかにすることを目指して研究を行っています。

Kynurenine 3-monooxygenaseの生理的役割に関する研究

Kynurenine 3-monooxygenase(KMO)は、3-ヒドロキシキヌレニン(3-HK)へと進む経路とキヌレン酸(kynurenic acid)へと進む経路の分岐点に位置する重要な酵素です。キヌレン酸の脳内での上昇は統合失調症などと関連することが知られており、KMOの低下と精神疾患の関連が注目されています。
われわれは、KMOノックアウトマウスは抑うつ様症状を示すことを明らかにしました。

2)先制診断に必要な診断薬開発

先制医療(Preemptive medicine)とは、発症前に高い精度で発症予測(Predictive diagnosis)あるいは正確な発症前診断(Precise medicine)を行い、病気の症状や重大な組織の障害が起こる前の適切な時期に治療(介入)を実施して発症防止あるいは遅延させる新しい概念である(発症前治療)。我々の研究室では、暦年的に採取された血清および問診票データのデータベース作成を共同研究機関(RECHS)と協業して行っています。これらの作成されたデータベースおよび血清サンプルを解析することで、疾患発症前に我々の体におこる変化を検出し、先制医療を可能とする診断薬の開発を目指しています。

research4

3)疾患メタボローム、プロテオーム解析(産学共同研究事業)

薬剤の治療効果予測、副作用予測に有用な検査システム
テーラーメード医療を可能とするバイオマーカーを検索するシステムの確立を目剤しています。現在では、関節リウマチ症例や各種自己免疫疾患などに生物学的製剤が使用されるケースが多く見られます。有効な治療薬ですが、一部の患者さんには効果が見られないことがあり、治療費の負担が多いという現状があります。そこで、薬剤投与前に患者さん自身の薬剤に対する反応性を確認することで、薬効を予測するシステムを確立することを目剤しています。薬効予測が可能となれば医療費の抑制など広く臨床に貢献出来るシステムとなると思われます。

research5

4)科学的根拠をベースとした機能性食品の評価に関する研究

食品中に含まれる機能性成分の有効性について科学的なメカニズムを明らかにすること目指しています。
(医薬品適正使用推進機構(J-DO)、エスカオロジー研究所他との産学連携事業)

1)機能性食品と免疫機能
2)食事・運動量調査と臨床検査

5)トリプトファン-キヌレニン経路中の酵素をターゲットにした創薬および機能性食品開発

トリプトファンからはキヌレニンをはじめとするいろいろな代謝産物が生成し、腫瘍形成や精神障害に関与しています。これらの代謝産物は生体内の酵素によって産生します。そこで、トリプトファン-キヌレニン経路中の酵素活性を阻害する物質をスクリーニングにより発見し、がんや精神疾患の新規治療法の開発を目指した研究を行っています。

(例)インドールアミン2,3-ジオキシゲザーゼ1(IDO1)阻害物質
トリプトファン-キヌレニン経路の律速酵素の一つであるIDO1は、腫瘍免疫や各種免疫疾患において重要な働きをしていることが明らかになっており、IDO1阻害剤はこれらの疾患の新規治療薬として期待されています。IDO1の酵素活性を阻害する物質がないかを各種植物抽出液やフィトケミカルを用いて評価したところ、ミョウガに含まれるガラナールという物質がIDO1の酵素活性を阻害することがわかりました。(Yamamoto R, et al., PLoS ONE 9(2): e88789.)

research6

インフォメーション

コンタクトインフォ

藤田医科大学
大学3号館3階332号室
先進診断システム探索部門

電話番号:
0562-93-2611

お問い合わせフォーム

Send message

ロケーション